旧車の修理事例紹介

その他

お好みのクルマの仕立て-ZZT230

比較的新しいクルマで旧車とは言えないのですがこんなこともやってます。 とある若いお客様よりの要望で「マニュアル車に乗りたい。母親が乗っていたセリカがイイ!」とのこと。ものごごろが付いた時にセリカが身近にあり、幼な心にカッコいいクルマ...
メルセデスベンツ190E(W201)

シートベルト引き出し不良の修理-190E

古くなってくるといろんなところの動きが渋くなってきて不具合が出てきます。シートベルトの引き出し不良もその一つ。 シートベルトが引き出せなくなってしまう症状で、巻き取りは正常なのでついにはシートベルトが使えなくなってしまいます。このメ...
メルセデスベンツ190E(W201)

ブレーキシステム一式リフレッシュ-190E

ブレーキジャダー、ペダルフィーリングの悪さ、片効きなどブレーキ周りに不満を抱えているなら、リフレッシュを考えてみてはいかがでしょうか。 メルセデスベンツ190Eも車歴30年近くが経過しており、過去にオーバーホールしていても劣化が進ん...
メルセデスベンツ190E(W201)

ステアリングギアボックス(ボール循環式)-190E

メルセデスベンツ190Eのもっともすぐれたポイントと言ってもいいスムーズなステアリングですが、このクルマもウォームシャフトやセクターシャフトのオイルシールがカチカチに硬化してオイル漏れしていました。漏れたオイルがステアリングリンケージのボ...
メルセデスベンツ190E(W201)

ロアアームボールジョイントの交換-190E

経年劣化でゴムやプラスチックは必ず固く脆くなります。ボールジョイントのゴムブーツも同様にいつかは破れます。 ボールジョイント自体にガタなどが無ければブーツだけを交換することもできるのですが、たいていは雨水などでサビて...
メルセデスベンツ190E(W201)

エンジンオイル漏れ修理-190E

名車メルセデスベンツ190Eとはいえ旧車と言える年式になってくると経年劣化でゴム部品が硬化します。顕著に表れるのがエンジンオイル漏れです。 オイルでベタベタではトラブルの兆候を見逃がすので、どこかの時点で踏ん切りをつけてゴムパッキン...
メルセデスベンツ190E(W201)

シート座面入れ替え修理-190E

見た目は何の変哲もないメルセデスベンツ190Eのシートですが、表皮の素材やクッションが素晴らしくて長時間の運転でも疲れないとてもよくできたものです。 でも走行距離がかさんでくるとどうしてもヘタってきます。このクルマの...
メルセデスベンツ190E(W201)

EHAガソリン漏れ修理-190E

メルセデスベンツ190Eに使われているKE-Jetro燃料噴射システム、メカニカルに基本の燃料噴射量を決定する機構です。フルコンで完全に電子制御できる現代では逆にスゴイと思ってしまいます。KEでは冷間時や加速時などの必要なシチュエーション...
メルセデスベンツ190E(W201)

エアコン修理-190E

さて、古くなってくるとエアコン回りに不調を抱えることも多くなってきますが、修理してくれる整備工場を探しているとのことで隣県からわざわざ持ち込んでいただきました。実用車として大事に使われている一台です。メルセデスベンツ190E、正しくカッコ...
クラウン(MS5#、MS6#)

充電できないトラブルの修理-MS66V

旧車にありがちなトラブルですが、配線のショート、絶縁不良や断線などで電気系統に不具合が生じます。しかも、症状が出たり出なかったりと診断を難しくします。 このような症状の修理では電気回路の正しい理解と根気よく計測診断することが必要です...
タイトルとURLをコピーしました