ロアアームボールジョイントの交換-190E

経年劣化でゴムやプラスチックは必ず固く脆くなります。
ボールジョイントのゴムブーツも同様にいつかは破れます。

ボールジョイント自体にガタなどが無ければブーツだけを交換することもできるのですが、たいていは雨水などでサビてガタが出ます。

こうなってしまっては交換するしかありません。ガタが無くても緩んでしまっていればすぐ交換時期が来ます。

治具を駆使してボールジョイントを抜きます。
ちなみにメルセデスベンツ 190Eのストラットサスペンションはダンパーストラットとスプリングが別体式。スプリング荷重は剛性の高い部分で受け止める構造。

治具を使って新品のボールジョイントを圧入します。

この190Eの場合はストラットのバンプラバーもちぎれて劣化していましたので同時に交換しました。ついでに交換すれば工賃が節約できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました