オートマの修理-190E

W201やW124のオートマ722.4型は弱いと言われています。メルセデスベンツ190Eでよくあるのがバックできなくなる症状。

まずはオートマチックトランスミッションを降ろさないと始まらないですね。

ミッションを降ろしたついでにコンパニオンプレートも変えておきましょう。ゴム部品ですから劣化します。

ミッションをばらしてすり減ったプレートを交換します。
新品と比べると別物のように薄くなってしまってます。

さらにこのクルマの場合はスプリングプレートが割れてました!
交換しておきます。

シール類にもダメージがあったのと、どうしても経年劣化するので同時交換します。

正しく修理すれば正しく治ります!

後退が弱々しくなってきたら、数日のうちに動けなくなりますよ。
壊れる前に直すのも安心安全にクルマを楽しむためにも精神的にも良いかもしれませんね。

ご相談はこちらのフォームから

旧車の修理再生ページはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました