エアコン修理-190E

さて、古くなってくるとエアコン回りに不調を抱えることも多くなってきますが、修理してくれる整備工場を探しているとのことで隣県からわざわざ持ち込んでいただきました。実用車として大事に使われている一台です。メルセデスベンツ190E、正しくカッコいいクルマですね。

現車の症状としては冷媒ガスのスローリーク、電動ファンの動作不良、慢性的な冷えの悪さを抱えている状態。ガスコンプレッサは過去にリビルト品に交換しているとのこと。

修理方針の策定と見積りのため動作点検とある程度分解して調査します。エンジンからのオイル漏れがひどいため清掃しながらの点検となります。

ブロアモータの回転が重くなっていて風量スイッチ”1”では始動しない状態
エバポレータには凄い量のホコリが堆積
ホコリにはオイルが混じっている
コンプレッサにエンジンオイルが付着してドロドロでしたが問題なし

不調の経緯のヒアリングと入庫時の点検結果をもとにオーナー様と相談し以下の修理方針とさせていただきました。

  • ガス漏れしていたエバポレータ交換
  • エキスパンションバルブ交換
  • リキッドタンク交換
  • ブロアモータ交換
  • 圧力スイッチ交換
  • 冷媒配管のOリング、シールパッキンの全交換
取り外したエバポレータ、銅配管のロウ付け部から漏れていました
羽根車の羽も一枚一枚キレイに、、、
新品のエバポレータを慎重に装着
エクスパンションバルブも新品に、手間はかかりますが冷媒配管のOリングはすべて新品に
ブロアモータは新品に交換、羽根車は洗浄して再利用
コンプレッサは洗浄して再利用、もちろんOリングはすべて交換
電動ファン動作不良の原因であった圧力スイッチとともにリキッドタンクも新品に
古いクルマは洗浄が一番たいへんかも、、、

すべてを組んだ後、冷媒圧力、高圧と低圧の配管温度、空気温度を測定しながらベストなガス量をチャージ。正しく性能を発揮できるようになりました。

涼しいクルマで快適に運転を楽しんでください!

ご相談はこちらのフォームから

旧車の修理再生ページはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました