燃料タンクストレーナ、燃料ポンプの交換 -メルセデスベンツE280

W124やW201も古さを感じないとはいえ旧車と呼べるクルマになってきました。タンクのサビが気になる年式ですので点検もかねてストレーナの交換をしておくと良いと思います。

W124やW201の場合、ストレーナは燃料タンクの下から取り外します。なのでガソリンを抜く必要があります。また、奥まったところにあるのでアクセス可能な工具を製作して取り外しました。

取り外したストレーナと新品です。今回のおクルマでは粒々のゴミが見えるだけでサビ等は一切ありませんでした。タンク内もキレイなものと推察され、精神衛生上も安心できると思います。

交換後です。

燃料ポンプは特に問題はないのですが予防整備として新品への交換となります。ただ、継ぎ手から若干のガソリン漏れがありました。交換の判断をして良かったと思います。

取り外した燃料ポンプと新品です。再利用する部品類は清掃して磨きました。

継ぎ手のバンジョーボルトは平面がくるっていたので砥石で研磨して漏れを防止します。

交換後の燃料ポンプです。配線ケーブルのゴムブーツも新品です。

ガソリン漏れも解消し安心して乗れるクルマになりましたので名車W124を楽しんでほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました